クラミジアで困ったらアジー

アジーはジスロマックの海外製ジェネリックです。効き目は同等なのですが、非常に値段が安いため人気を集めています。

アジーは安くて便利なジェネリック

アジーは「ジスロマック」のジェネリック医薬品で、細菌性を主とする感染症の治療に汎用性が非常に高く広範囲で使われています。

クラミジアなどの日本で一番多い感染症の治療薬として用いられることが多いお薬です。また歯周病・膀胱炎・マイコプラズマ肺炎・咽頭炎・尿道炎・にも効果が期待できる薬です。

アジーは、1度飲むと数日効果が続きますので、服用期間や量の負担が少なくなりますし病原菌をしっかり死滅してくれます。

購入方法は、一般的に医療機関で医師による診察や検査、処方箋がある事で初めて購入する事ができます。

医療機関以外では、通販サイトで購入する事ができます。通販サイトと言っても個人輸入代行を行っている通販サイトを利用する事で購入する事ができます。

アジーの入手方法

アジーに限らず、医薬品の入手方法は医師から処方箋を受け取り薬局で購入するというのが一般的です。

一方で通販サイトは処方箋が不要です。日本国内の一般的な通販サイトではなく、個人輸入代行を行っている通販サイトです。

また、海外から輸入と聞くと、少し気負いしてしまうかもしれません。

ですが、言語や税関などの手続きが個人で出来なくても業者が変わりに全ての手続きを行ってくれるというシステムです。

個人輸入代行を行っている通販サイトは多くあります。

自身にあった通販サイトを選ぶのが一番よいですが、実際にどの通販サイトが信用できるのかなど気になる点も多いかと思います。

海外医薬品なので、本当に本物なのか。偽物をつかまされるのではないか。など心配してしまうのが心情です。

アジーを通販で購入する際には、メーカ正規品を取り扱っているや、通販サイトの情報に会社の住所や電話番号などの記載がある通販サイトを選ぶのが賢明と言えます。

病院へ行く時間が無い多忙な方や、恋人や家族に知られたくない、万が一に備えて常備薬として手元に置いておきたいという方は通販サイトを利用し、アジーを入手するのが良い方法と思います。

近年、医薬品の購入は通販サイトが主流になっていく傾向が見られます。

アジーの特徴

アジーの特徴はクラミジアには勿論ですが、汎用性が高く、咽頭炎、膀胱炎、扁桃炎、マイコプラズマ肺炎などに効果的です。

一般の細菌性の風邪の症状にも処方されるくらいです。先発薬のジスロマックと成分も同等であり、ジェネリック医薬品という事もあり薬価が非常に安い薬です。

ジスロマックはクラミジアを治すだけでなく扁桃炎や膀胱炎などを治す際にも使用されるため風邪を引いた時に出される医薬品でもあります。

医師の処方箋なしでは買えないお薬になってますので、多くの病院で処方されており、とても信頼度が高く安心して飲めるお薬です。

ジスロマックは処方箋医薬品ですが、ジスロマックのジェネリック商品「アジー」も同じ有効成分で作られた医薬品になっているので通販で購入したとしても安心して服用できるお薬となっております。

有効成分

アジーに含まれる有効成分はアジスロマイシン水和物です。

先発薬のジスロマック同様です。

細菌に対して非常に効果的であり、マクロライド系の新しい部類の抗生物質にあたります。

感染症は細菌やウイルスが体内に侵入し悪さをするため痛みや腫れ、ひどい時には化膿する病気です。

有効成分のアジスロマイシンとはその細菌を感知して病原菌を死滅させます。

感染症のみならず、幼児の肺炎などにも有効的で小児科でも第一選択薬として定評があります。

効果

クラミジアの治療薬には様々なお薬がありますが、その中でも人気が高いのは、有効成分がアジスロマイシン水和物となっているアジーです。

アジスロマイシンは病原菌の蛋白質の合成を阻止する作用があります。

比較的に副作用が少なく、効果が強い抗生物質ですので膣や尿道がクラミジアに感染している際に強い効果が期待できます。

アジーは1回服用すると効果が数日続くという特徴があり、普段お薬を飲みなれていない方やうっかり飲み忘れをしてしまう人にとっては、オススメのお薬です。

副作用

アジーは比較的、副作用が少ない抗生物質です。

副作用に関しては、主に、腹痛、吐き気、発疹がありますが、ごく稀に下痢の症状がでます。

マクロライド系統の抗生物質には少ない副作用の中でも下痢の症状が少しだけ目立ちます。下痢といっても何日も続くようなものではなく、一時的なものなので心配する必要はありません。

服用後に身体の様子がおかしいと思ったら、服用を止めお近くの医療機関へ相談してみましょう。不安な場合はアジーの購入を相談しアレルギーチェックをして貰うと安心して服用できると思います。

ジスロマック(アジーの先発薬)

ジスロマックはアメリカ合衆国、ニューヨーク州の製薬会社「ファイザー」により精製されています。

アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で日本ではジスロマックと呼ばれています。

有効成分はアジスロマイシン水和物で、アジーの先発薬です。

適応症状はクラミジアをはじめ、歯周病・咽頭・喉頭炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、など汎用性が高いジェネリック医薬品です。

1日1回を3日間服用することによりお薬の効果が約7日間持続するためしっかりと病原菌を死滅させることができ、飲み忘れの心配がなく、かなり効果が期待される医薬品です。

 

ドラックストアなどの市販薬として販売はしてないので病院で処方箋が必要になりますが、安全性の高いお薬になっているので安心して服用できるかと思います。

アジーを製造する製薬メーカー

ジェネリック医薬品は今や主流になってきています。

大手製薬会社として有名なシプラ社は世間ではジェネリック大国の呼び名もある、インド共和国に本社を構え、発展途上国向けのエイズ感染者の治療薬や抗がん剤、などその他多数の製造も行っており、世界150か国に輸出しています。

また、ここ最近では日本の市場に参入する方針などを発表し、日本の、準大手製薬会などにも出資を行い、抗がん剤や、喘息薬の後発薬を投入。製品次第では、薬価を既存品の50%以下に抑える考えを示しています。

海外の後発薬大手メーカーなど、後発薬の普及が乏しい日本への攻勢を強化し、アメリカ合衆国で10%のシェアを誇っています。

アジーの値段

ジスロマックのジェネリック医薬品アジーの価格は先発薬の3割程度の薬価で購入する事が可能です。

どうして、同等の成分と効果で薬価がこれほど違うのか。

それは、ジェネリック医薬品を精製する過程にあります。

先発薬というは、臨床試験を行うまでの過程でも何度も何度繰り返し、国の規定の基準を満たした後に臨床試験へ移行できます。

その臨床試験にかかる費用や時間を考えると、新薬の開発というのは莫大なお金が必要になってきます。

一方で、ジェネリック医薬品(後発薬)に関しては、成分や臨床試験の過程などを全て同じ様に精製するので、コストが大幅にカットされるという事です。

ジェネリック医薬品は安全性、見た目の形状や味などに工夫を加えて提供しています。

アジーを選ぶメリット

ジスロマックは先発薬なので基本的に薬価が高い医薬品です。アジーは後発薬「ジェネリック医薬品」なので、先発薬の約3割程度で購入する事ができます。

さらに、アジーを選ぶメリットに関しては、まず通販サイトでの購入にあります。

・病院処方と比較すると、大幅に安く購入する事が可能

・処方箋不要で購入可能

・家族や恋人に知られずに治療が可能

・忙しく病院へいけない方でも空いた時間にいつでも購入可能

感染症などの進行次第にもなってきますが、重症の場合はすぐに病院へ行くのが賢明です。金額だけでみても良いのですが、先発薬との違いは薬価だけというメリットが一番だと言えます。同等の効果で財布に優しいのであれば、後発薬のアジーを選ぶのが最大のメリットです。