クラミジアで困ったらアジー

性病(性感染症)で最も感染者が多いと言われているクラミジア。アジーがなぜ優れているのかを説明します。

クラミジア治療にアジーはおすすめ

なぜクラミジアの治療にアジーがオススメかというと、クラミジアになった際、病院で処方される治療薬はジスロマックが一般的です。

アジーは現在、国内で販売はされておりませんが、ジスロマックのジェネリック医薬品です。(アジーを購入する際は海外医薬品の通販サイトで個人輸入代行を利用してお買い求め頂けます。)

ジェネリック薬は先発薬と効果は変わらず、半分程度の価格で購入できるためここ最近は医師や薬剤師も治療薬として処方することが多くなってきています。

アジーもジスロマックの3割程度の値段で購入できますし効果もさほど変わらないため病院でジスロマックを処方されるよりも利用者の金銭負担も軽減されるのではないでしょうか。

クラミジアについて

クラミジアは人間の細胞の中で増殖する直径300nm程度の寄生微生物です。クラミジアは世界でも日本でも最も感染者率の高い性感染症(STD)で主にセックスをはじめとする性行為によって感染する病気です。

クラミジアの症状は男女共に無症状か症状が軽度(軽いかゆみ・排尿時に軽い痛み)のためほとんどの人が気付きません。

原因菌は咽頭・膣・尿道分泌物の中にもいるのでオーラルセックスだけで感染する場合もあります。感染した人の半数以上はコンドームを使用しないセックスでクラミジアになっています。

自分も相手も不快な思いをしないようコンドームなどの避妊用具は必ず使用するべきではないでしょうか。

最も感染者数が多い性病

クラミジアがなぜ最も多い性感染症かというと、クラミジアの病原菌は他の性感染症と比べ感染力が非常に強いためいつの間にか感染してしまい、感染しているとは気付かずに別の人へ感染させてしまう病気だからです。

場合によっては自身が感染源になっている可能性もあります。そのため感染症のなかでも1番の感染率になっているのが現状です。

また感染していても症状が出にくいためパートナーが多い人や避妊用具を使わないで性行為をすることによって感染を拡大させてしまっているのが原因かもしれません。

母親がクラミジアに感染しているのに気付かず、出産の際に母から新生児へ感染することもあり、赤ちゃんへ感染した場合肺炎や結膜炎を起こします。

感染に気づきにくい

クラミジアは感染してから症状が現れるまでに約1週間~4週間ほど時間がかかります。

しかし、感染していても無症状か軽度の症状のため感染しているのに気付かず放置してしまうパターンが多いです。

女性の場合

・おりものの量が少し増えた

・陰部の軽いかゆみ

・排尿時の軽い痛み

・セックスの時の軽い痛み

男性の場合

・陰部に軽いかゆみ・不快感・少量の分泌物

・排尿時の軽い痛み

・セックスの時の軽い痛み

気付かずに放置し続けてしまうとそれだけ症状も悪化し別の病気になってしまうリスクも高まります。

自分は大丈夫と思わずに誰にでも起こりうる感染症なので早期発見をするためにも定期検査をした方がよいでしょう。

感染率が高い

クラミジアは20人にひとりが感染しており感染の確率は2回に1回とか感染率はかなり高い病気です。

女性は80%、男性は50%が全く症状を感じないと言われています。またクラミジアは性感染症だけでなく、クラミジア結膜炎も性感染症者に比例して増えつつあります。

クラミジアは1度感染すると再感染しやすくなりますので、治療後完治したとしてもパートナーが感染していた場合はまた再感染してしまうといったことも少なくありません。

クラミジアに感染した人のほとんどはコンドームなどの避妊器具を使用せずに感染しています。不特定多数の人との性行為にはなおさら必要になってきます。

クラミジアに感染しないためにも定期検査や避妊器具を使用し感染しないための予防が重要です。

重症化は避ける

感染症状が軽度のためクラミジアに感染していると気付かずに放置し続けていると男女共に不妊症になる重大な病気へ悪化します。

女性の場合はクラミジアの菌が子宮頸部のさらに奥まで広がり、卵管炎や卵管狭窄で子宮外妊娠の原因に繋がるとも言われています。

さらに、出産の際に赤ちゃんがクラミジアに感染してしまうと肺炎や結膜炎を起こしてしまう危険性もあるので妊婦の方は特に注意し、感染しているとわかったら出産の前に完治させるのが重要となっています。

男性の場合は尿道から分泌液が出てきたり少量の痒み・痛みがあります。感染を放置してしまうと前立腺炎や精巣上体炎(精巣上体(副睾丸)が腫れる病気)を発症してしまいます。

そのため、男性不妊症になってしまう原因です。

クラミジアを治療するには?

クラミジアの治療薬には抗生物質を服用します。

「抗生物質」とは、細菌やカビなどの微生物の増殖を阻止してくれる物質です。クラミジアに感染した際の細菌感染症に効き目があります。

しかし、抗生物質を服用し続けると細菌は生き延びようと耐性化したり別の細菌に入れ替わることもあります。そのため何度服用しても効き目が感じられなくなってきます。

抗生物質を長期投与する際は医師と相談をして治療に専念すると良いでしょう。

アジー

アジーはクラミジアの治療薬で多く使用されるジスロマックのジェネリック医薬品です。

日本国内では病院でも市販薬としても販売されていないため入手方法は海外医薬品の通販サイトを利用します。

価格は安く、ジスロマックの半分以下の値段で購入することが出来ますしジスロマックと使用している有効成分は同じのため効果にさほど差はありません。

病院に行くのに躊躇している方や、治療に掛かる費用に悩んでいる方は通販サイトを利用しアジーを購入するのが最適です。

ジスロマック

ジスロマックはクラミジアの治療に最も処方されるお薬です。1回の服用で数日効果が持続するため感染菌をしっかり死滅させ病気を完治させることができる優れたお薬です。

ドラッグストアなどでは販売されておらず、入手方法は病院で検査を受け処方されるものです。クラミジアの症状以外にも処方されることが多い万能な医薬品ですので、安心して服用できるお薬になります。

クラビット

クラビットは副作用が少ないためクラミジアの治療薬の中でも人気が高いです。クラミジアだけでなく、扁桃炎や咽頭炎などの炎症に効果が期待できるお薬ですし、抗炎症作用があるためニキビの治療に処方されることもあります。

また、保険適用がされないため治療の際の費用が多く掛かってしまいますがクラビットにもジェネリック医薬品が出てており効果や作用はクラビットと変わらないため海外医薬品通販か日本国内でも処方してもらう患者さんも少なくありません。