クラミジアで困ったらアジー

アジーは細菌によって起こる感染症に効果のある抗生物質です。細菌によって起こる炎症、感染症を治療するために利用します。

アジーの効果

日本国内の性感染症で最も感染率が高いクラミジアの治療薬として最適なアジーは特定の感染症に対しても同じ効果を発揮してくれます。

細菌が体内に侵入すると菌の数を増やしながら健康な細胞を破壊していきます。

これが症状として現れる原因として考えて良いでしょう。アジーにはアジスロマイシンという有効成分が含まれておりますが、この有効成分には細菌の増殖を防ぐ効果があり、1回の服用で長時間効果が持続するため古い細菌をしっかり死滅させてくれます。つまり細菌の増殖を抑えることで症状の悪化を防ぎ、さらに症状も落ち着いていきます。

クラミジアの症状に対し、アジーの殺菌効果が高いため、治療薬としてとても優れています。

代表的な適応症状

アジーを服用して治療できる代表的な病気はクラミジア感染症です。アジーの先発薬はジスロマックで日本国内では多数の病院で取り扱っている医薬品になりますので、聞き覚えのある医薬品ではないでしょうか。実はクラミジアだけではなく様々な治療薬として活躍できるお薬です。咽頭炎、扁桃炎、歯肉炎、肺炎など広範囲で使用され高い効果を発揮してくれるのでいざという時の常備薬として準備して置くのも良いかもしれません。

クラミジア

クラミジアは世界的にも最も多い性感染症です。男性も女性も自覚症状があまりないため放置しておくと男女共に不妊症の原因になります。

クラミジアはいくつか種類がありますが、主に性行為による感染率が1番高いですし、口の中にクラミジア菌が感染すれば、咽頭炎や慢性的な扁桃炎などの症状も出ます。

自覚症状がなくても性行為が多い方は年に1回の検査を受ける事をお勧めされています。少しでもおりものの変化や排尿時に痛みを感じた場合は迷わず検査した方が良いでしょう。

淋病

淋病は淋菌による性感染症です。

淋菌は高温低温どちらにも弱く炭酸ガス要求性で通常の環境では生きられないため、性感染症で感染するのが主な感染経路です。

性行為やキスだけでなく、タオルや衣類からも感染するケースもあり出産時に母子感染を引き起こす可能性もあります。

また、1度感染しても免疫は得られないため再感染し1回の性行為による感染率は30%と高く、月に1~2回ほど無料で検査を行っている保健所もあります。

咽頭・咽頭炎

咽頭・喉頭炎とは主に喉の風邪と呼ばれます。

喉の痛み、咳、発熱、倦怠感、声枯れなどの症状が現れ、鼻炎から発症することもあり、鼻汁や頭痛なども引き起こします。主にウイルス感染や細菌感染で発症することが多く、いびきをかく人は発症率が高くなります。

咽頭・喉頭炎の症状が現れたときはたばこやお酒など喉に刺激がある飲食は我慢し、安静にしてゆっくり休むことが早く回復する1番の近道と言えるでしょう。

気管支炎

気管支炎は、ウイルス感染により気管支に炎症が起こるものですが、刺激が強いガスやほこりを吸った際にも起こります。

急性と慢性があり、数日から数週間続く場合は急性気管支炎と判断され、数か月から数年続くと慢性気管支炎と判断されます。

咳は急性気管支炎を判断する主な症状で、痰ははじめは水のようにサラサラしていますが症状が悪化するにつれ膿のようになります。

冬の乾燥した時期に発症することが多く、感染すると咳、鼻水、寒気などの症状の他、時期によってインフルエンザウイルスに感染すると高熱や関節痛などの症状も現れます。

肺炎

肺炎は細菌やウイルスの病原菌が、酸素と二酸化炭素のガス交換の働きをする肺胞に感染し炎症が起きることです。

風邪の症状にとてもよく似ていて気づきにくい病気のため肺炎で死亡する方は年間で約12万人にも達します。

風邪と明らかに違う点は胸の痛みや息苦しさ、高熱などの症状が長期間続くので風邪よりも重い症状です。

65歳以上の高齢者の発症率が高いため、最近では肺炎球菌ワクチンの予防対策を促すコマーシャルもよく見かけます。

膀胱炎

膀胱炎は女性の発症率が高く日本人女性の2人に1人がかかると言われています。主な原因としては大腸菌などの細菌が尿道を逆上り膀胱に入って、膀胱内で菌が増えることによって起こります。

しかし膀胱内に菌が侵入したからといってすぐ膀胱炎になるわけではなく、疲労や睡眠不足などにより、身体の抵抗力が弱まっている時に発症しやすくなります。

膀胱炎をほおっておくと菌が腎臓にまで達し腎盂腎炎や膀胱がんといったさらに重たい病気になる可能性があるため、排尿時に違和感を感じたらすぐに病院で検査してもらうようにしてください。

クラミジアの治療で使う場合は1錠だけで済む?

クラミジアに感染した場合、アジーの有効成分の配合量によって効き目の強さや服用の回数が異なります。

主に1日2錠を3日間飲むだけで1週間と長時間に渡り効果を発揮してくれます。しかし、一週間後症状が落ち着いたからといって服用を辞めてしまうとまだ潜伏状態だった菌が耐性を作り再発してしまう可能性があるので2週間くらいは服用をし続け、1か月程度は様子を見た方が良いでしょう。服用をはじめてから1か月は性行為を避け、完治したかどうか検査をすることも必要です。

パートナーがいる場合は相手にも検査を受けてもらい再感染しないよう協力してもらうようにしましょう。クラミジアに限らず、性病は念入りに治療を続け病原菌をしっかり死滅させることが重要になります。