クラミジアで困ったらアジー

アジーは比較的副作用が起こりにくい抗生物質です。しかし、場合によっては起きることもあるため油断をしてはいけません。

アジーにより起こってしまう副作用

効果の期待できるお薬は副作用が強いと言われますが、そんな中でもアジーは副作用が少なく、アレルギー反応も起こりにくいお薬なのが特徴です。

妊婦の女性は食べたもの飲んだものが全てお腹の赤ちゃんに運ばれるため、飲めるお薬も非常に少ないのが現状ですがアジーは妊婦でも服用できる安全性の高いお薬です。

しかしながら、絶対に副作用が起きないわけではありません。下痢や腹痛は短時間で治ることがほとんどですが、もちろん服用方法を間違えれば身体に悪影響を与えますし、その際に別の強い副作用が出てしまう恐れもあります。アジーに限らず、お薬の服用は正しい方法で飲むことが非常に重要になってきます。

アジーで副作用が起きる理由

アジーを服用して副作用が起こる原因には、消化器官である腸に多く存在する、悪玉菌や善玉菌という菌が深く関わってきます。

腸内細菌は非常に繊細で絶妙なバランスで保たれていますが、アジーはこの菌を刺激するためウイルスや感染菌だけでなくこれらの菌も一緒に死滅してしまうことがあります。

そのため消化機能や腸内環境が乱れることで下痢や腹痛を起こしやすくなり、副作用を引き起こす原因となっております。

比較的副作用は発症しにくいお薬ですが数日効果の続くお薬なのでそれと同様に副作用も数日続く場合もあります。身体に合わないと思ったらすぐに服用を止め、病院へ相談するのが良いでしょう。

代表的な副作用

アジーの服用後の主な副作用は、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐などがあります。これらはアジーに関わらず、医薬品全般の副作用としてもあげられるものです。

その他にアナフィラキシーショックや肝機能障害など重度の副作用が起こる可能性も考えられます。また、服用後に意識障害などが現れることもあるので、車の運転などは避けた方が良いでしょう。

服用方法を間違えると大きな事故に繋がることがあります。お薬を飲む前には用法用量、注意事項を守って服用するようにして下さい。

胃腸障害

アジーの副作用であげられる主な症状は「胃腸障害」です。胃腸障害とは腹痛や吐き気、下痢があげられますが、お薬を服用したわけではないのに、膨満感や胃の痛み、不快感などを感じられた場合にも胃腸障害と疑われます。その場合の原因は精神的ストレスからくるものも多く、胃の内圧が上昇したり、胃酸が過敏になったりと心の不快感からも胃腸障害に繋がってくるのです。

症状を抑えようとドラッグストアなどの市販薬で対処している人も多いかと思いますが、同じ症状を何度も繰り返し慢性化してしまう人も少なくありません。

お薬の力だけではなく十分な睡眠をとりストレスをため込まず、しっかりと栄養のある食事を取ることが大切になってきます。

発疹・蕁麻疹

アジーの副作用では発疹や蕁麻疹がでてしまうこともあります。私たちの体には外部からの刺激物を守る皮膚の表面の角層があります。

角層の一番下には真皮がありヒスタミンという成分を蓄えているマスト細胞という細胞がいます。そのマスト細胞がお薬などの刺激を受けて、ヒスタミンが放出されると、皮膚内部の血管に影響しブツブツした痒みと赤みの伴ういわゆる蕁麻疹が生じます。

お薬の副作用だけでなく、突然蕁麻疹が生じたことも多くあるのではないでしょうか。食品のアレルギーや物理的刺激(皮膚のこすれ・日光)疲労・ストレスなども蕁麻疹が起こりやすい原因となりますが蕁麻疹のほとんどは誘因が不明です。強いかゆみを伴いますが、掻くと症状が悪化するので、蕁麻疹が出たらまず冷やすことをすると良いでしょう。

重度の副作用

性感染症や風邪などの活用方法が様々で、効果が数日持続するといわれているアジーですが頻度は少なくても重度の副作用があることは覚えておいたほうが良いでしょう。

・アナフィラキシーショック(呼吸困難・喘鳴)

・肝機能障害

・急性腎不全

・偽膜性大腸炎

・間質性肺炎

アジー購入後、お薬が手元に届いたら服用方法や注意事項はきちんと確認して副作用を引き起こさないためにも正しい方法で飲むことが大切です。

また、アジーは日本国内では販売されていませんが先発薬のジスロマックと同じ有効成分のため安全なお薬です。

しかし体質に合わない場合やその時の体調によっても副作用を引き起こす可能性は十分にありますので安易に考えず、おかしいなと感じたらすぐに服用を辞めて近くの病院へ受診してください。

併用禁忌薬を避ける

併用禁忌薬とはそのお薬と一緒に飲んではいけない薬の組み合わせの事です。併用注意薬というのは一緒に飲むことは可能ですが注意をする必要がある組み合わせです。

アジーと併用をしてはいけないお薬の種類は禁忌薬も注意薬も合わせると約1400錠ほどあります。また、以前に該当のあるお薬を飲んでいた場合も注意する必要があります。

併用禁忌薬と知らずに服用してしまうと重度の病気や最悪死に至ることもあるので日頃から服用薬がある人は十分に注意して服用しなければなりません。

自身で判断するのではなく医師か薬剤師に併用しても良いか確認してから飲むようにしてください。併用する場合だけでなく併用を辞める時も確認した方が安全です。