東京の通信制高校に通っていました

通信制の学校ならば自分のペースで生活することができる

通信制高校 東京通信制高校は、東京・大阪・兵庫の相生学院高等学校(相学)

普通科の高校ではなく、東京にある通信制高校に通っていました | 大事なことは自分に適しているかどうか | 通信制の学校ならば自分のペースで生活することができる

無理に周りの人たちに合わせて生きるのは、ストレスが溜まりますし時間的にも無駄です。
通信制の学校ならば自分のペースで生活することができるのでストレスを溜め込まずに済みます。
私が進学した学校のようにカウンセラーが常駐している場合、何でも相談できるので安心です。
前の学校に馴染めず不登校になった人でも、問題なく通うことができます。
私は集団でいるときはなるべく他の人を尊重するようにしています。
しかし可能であれば自分のペースで動いた方が効率的です。
集団行動が苦手というわけではありませんが、積極的に集団でいるよりも自分だけで行動することを好みます。
例えば車を運転していると必ず渋滞に巻き込まれます。
片側2車線の道路であればスムーズに進むことができますが、1車線になると長蛇の列ができて中々進まないということがあります。
私にとって普通の高校に通い集団生活をするということは、片側1車線の道路で延々と渋滞に巻き込まれる状況と似ています。
他者に気を使いながら自分のしたいことが中々できないのではストレスばかりが溜まることになります。
大事なことは自分のペースで計画的かつ効率的に動くことができるかどうかです。
通信制高校ならば自分の都合に合わせて時間を使うことができます。
無駄な時間を過ごさなくてよいので、私にとって非常に理想的な環境です。
通信制の高校ならば、全日制の学校比較して単位の引き継ぎもスムーズに行うことができます。
体調を崩して出席日数が不足し、卒業できなくなるようなことは基本的にありません。
少ない登校日数で卒業できるので、毎日通学するのが困難な人にも適しています。
実際に私が進学した学校にも、前の学校で体調を崩して休みがちになり勉強についていくことができず転向してきた人たちがいました。
通信制の学校では個別指導が行われているので、体調不良などの理由で全日制の学校の勉強についていけなくなった人でも安心して通えます。
不明な点があれば何でも相談することができるというメリットがあります。
私はもともと作曲が趣味だったので、将来は音楽関係の仕事がしたいと考えていました。
通信制高校ならば1週間の時間割やスケジュールを自分で組むことができます。
自由に使える時間があり趣味に没頭できただけでなく、自分のペースで効率的に学習を進めることができたので満足しています。